BuzzFeed Japan株式会社(本社 東京都千代田区、以下、BuzzFeed Japan)は、食に関する情報を配信する「いろんなおいしい!」特集(https://www.buzzfeed.com/jp/badge/oishii)を開始しました。

農林水産省の「食育に関する意識調査」によると、新型コロナウイルスの影響で、自宅で食事をしたり料理を作る機会が多くなったという人が増加しています。また、特に若い世代(20〜39歳)では、食に関する情報を得る頻度や、通販などの「お取り寄せ」の利用も増えており、食に対する関心はますます高まっています(※1)。そこで、BuzzFeed Japanでは、5月24日(月)から5月30日(日)までの7日間、「食」をテーマに、とっておきの「おいしい!」情報を集中的に配信します。人々の食生活が豊かになることを目指し、「ほしい明日がみつかる」コンテンツをお届けします。新着記事はBuzzFeed Japanの公式Twitterアカウント(https://twitter.com/BuzzFeedJapan)やFacebookアカウント(https://www.facebook.com/BuzzFeedJapan)にてお知らせします。
(※1)出典:農林水産省 食育に関する意識調査報告書PDF形式(令和3年3月) https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/ishiki/r03/pdf_index.html

また、BuzzFeed Japanでは「食」に関するサービスやコンテンツについて、以下にて情報を受け付けています。

  • 編集部への情報提供: japan-info@buzzfeed.com 
  • 広告出稿に関するお問い合わせ: japan-ad@buzzfeed.com

■主な記事ラインナップ

BuzzFeedについて

https://www.buzzfeed.com

BuzzFeedは、テクノロジーを活用した世界有数のメディア企業であり、クロスプラットフォームのニュースとエンターテイメントのネットワークを持ち、世界中で何億人もの人々に届けています。BuzzFeedは、記事、動画、クイズ、世界最大のソーシャルフードネットワークであるTastyを含むライフスタイルコンテンツなど独自のシリーズを配信しています。BuzzFeed Newsでは報道、調査レポートを発信、BuzzFeed Marketingでは戦略的パートナーシップ、ライセンスビジネス、製品開発を行なっています。BuzzFeed Studioでは、ブロードキャスト、SVOD、映画、デジタルプラットフォームを通じて独自の制作によるコンテンツを提供しています。
BuzzFeed Japanについて
ヤフー株式会社(現Zホールディングス株式会社)との合弁により2015年に設立、2016年1月にBuzzFeed日本版を創刊。社会にポジティブなインパクトをうみだすことをめざし、記事や動画、特集など独自のスタイルで、ニュース、カルチャー、エンターテインメントの情報を発信しています。月間ユニークビジターは3,500万人を超え(2020年12月)、オーディエンスはミレニアル世代が半数以上を占めています。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here